吹奏楽ファンサイトのショッピング

のだめカンタービレ (8) |二ノ宮 知子

のだめカンタービレ (8)のだめカンタービレ (8)
二ノ宮 知子
講談社 刊
発売日 2004-03-12
価格:¥410(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




すばらしい! 2006-04-13
千秋が指揮をするR☆Sオーケストラの初公演が見れるのが八巻です。

とにかく演奏の描写が素晴らしい!音が聞こえてくるようです。

漫画を読んで「ブラームス交響曲第一番」がどんな曲かを知りたくてCDを購入してしまいました。

クラシックが全く分からない人間を動かす力のあるすごい漫画です。

素晴らしすぎる芸術作品に出会ったときに、無意識のうちにぶわっと涙が流れてしまうような

(のだめが流した涙の意味を、この解釈で私はとりました。)

そんな経験がクラシックで出来たらいいのになぁって漫画を読んでて思いました。

先輩はもう飛行機乗れます 2006-02-28
どんな催眠術をもってしても治せなかった千秋の飛行機恐怖症をのだめが愛の力で克服させた!ピアノコンクール出場のためハリセンの家に合宿していたのだめに千秋はお土産を送る。驚くハリセン。しかしコンクールの行方は・・・

今後のストリーの大きな展開と転回が近いのか。 2006-01-09
6巻から8巻までを、横浜から市川までの総武線の電車の中で読みました。大学生だとさけて通れないのが、卒業シーズンです。本シリーズでも、どのような進路を描くかなぁと思っていたら、あっさりと描き終えましたね。ちょっとがっかりというか、他に方法は無いかな。やはり、個々のの登場人物の描き方が淡白で、無くても良いような場面がもあるように思います。千秋が海外へ行けない障壁が、徐々になくなりつつあり、今後は海外へ向けての展開となるのでしょうか。そうそう、漫画とは言え、気軽に煙草を吸うシーンは無くしてください(嫌煙家より)。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/9に作成しました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。