吹奏楽ファンサイトのショッピング

のだめカンタービレ (11) |二ノ宮 知子

のだめカンタービレ (11)のだめカンタービレ (11)
二ノ宮 知子
講談社 刊
発売日 2005-01-13
価格:¥410(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




今後が・・・ 2006-07-01
お堅いと考えられがちなクラシックを気軽&楽しく読める一冊だと思います。

千秋とのだめちゃんの関係にも変化が起きるような予感がする11巻です。

今日中に12巻を買いに行こうと思います。



巻末のおまけで分かりますが、シュトレーゼマンは悪いジジィです(笑)。

こっちとこっち どっちがいいでスか? 2006-03-03
 指揮者コンクールファイナルリスト。のだめにくじを引かせた千秋。ここ一番というとき信頼できるのは,やはりのだめなのかもしれない。

 エリーゼの腹黒い策謀で彼女の事務所と無理矢理契約させられた千秋は,早速シュトレーゼマンのお供として世界を回ることになる。一方,のだめはコンセルヴァトワールでの授業にカルチャーショックを受けるのであった。

 シュトレーゼマンは,のだめを放って置くなと千秋にアドバイスする。彼の言葉の真意は?

「君はここに、なにしにきたの?」 2005-09-24
シュトレーゼマン久々の登場(しかも芸者遊び中)、いままで回想か遠景でしか登場しなかったヴィエラも登場です。
なんといっても指揮者コンクールが盛り上がります。
“のだめ“の学校もようやく始まり、次の展開に向けた人物が続々(?)と登場してきます。中国の美人天才ピアニストのルイ、中国人留学生のユンロン、それから”のだめ“の学友になる少年”(後の巻で名前がわかります)
この指揮者コンクールかなりタフですね、レパートリーがハイドンから現代曲まで(お国柄、選曲にフランスものが多いように見えますが)、得意不得意言っていられませんし、オケのメンバーがわざと間違えた箇所を指摘する間違え探しなんて、どうするんだ!!って、感じです。
指揮者コンクールに出場している片平のジャンプを交えた指揮というのは見てみたい気がしますね(審査員も言っていましたが、ジャンプしてもリズムが崩れない指揮とは・・・)。
登場曲は(たくさんあるけど)
バルトーク 舞踏組曲
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲
ロッシーニ 歌劇「セルビアの理髪師」よりアリア「私は町の何でも屋」
スカルラッティ ピアノソナタヘ長調
リスト 超絶技巧練習曲


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/10/9に作成しました。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。