吹奏楽ファンサイトのショッピング

金管楽器カテゴリの記事一覧

金管楽器(きんかんがっき)

金管楽器(きんかんがっき)は、演奏者の唇の振動によって発声させる管楽器群の総称で、これは管体が主に真鍮(ブラス)で作られることに由来する。広義には、唇簧管楽器と同じ意味で用いられ、この中には発声原理を同じくする、木など非金属で作られた楽器を含む。また、必ずしも金属製の管楽器を意味する言葉ではなく、同じく金属製であっても発声原理を異にするサクソフォンやフルートは一般には含まず、これらは通常、木管楽器に分類される。

木管楽器が概ね日本語の「笛」に当たるのに対して、こちらはほぼ「喇叭(ラッパ)」に相当する。

金管楽器の構造は至って単純であり、息を吹き込む唄口(マウスピース)と、音量を増大させるための朝顔(ベル)を持ち、それらは円筒または円錐状の管で繋がれている。この状態では、音の高低を変えるための一切のしくみを持たないが、唇の状態と息のスピードによって、基音や倍音を切り替え、音の高さを変化させることができる。しかし、管は、長さ(及び開管であるか閉管であるか)と音の伝播速度によって共鳴する音の高さが決まっているため、その他の倍音列に挟まれた音を出すことができない。そこで一般に管楽器では、共鳴管の長さを変えることによって共鳴する音の高さを変え、様々な高さの音を得る。金管楽器でも古くは現在の木管楽器のような、管の途中にあけられた音孔により、音響学的な管の長さを短くすることによって、より高い様々な音を得た。現在では、スライドと呼ばれる二重の管の伸縮や弁(バルブ)といった管の長さを変えるための機構を備えることにより、倍音の単位より細かな音の高低の調節を可能にしている。

振動の元は奏者の唇であり楽器ではないという点において、金管楽器は楽器単体では楽器として完結していないと言える。木管楽器は楽器として完結しているので、ポンプ等で空気の流れを作り楽器に当てれば楽器としての音が出る。金管楽器は奏者の唇と合体して初めて楽器として完結する。音の源が人間の唇である為に、音色や音域(特に上限)は、奏者の習熟度に寄るところが大きい。音域の下限は楽器の大きさ(管長)で決まる。ひとつの音に対しても、その音程にはある程度の幅があり、鍵盤楽器の鍵盤のように固定された物と言えるほどではない。奏者の意図によって短い楽器では半音以上も音程を変化させることができる。

管を曲げることで、物理的な気柱の特質が変る為、さまざまな形態や調子が試みられ、現在も続いている。ホルンでは、異なる調子を持つ2本の管を一つの楽器に押し込めることが一般的となっている(ダブルホルン)。

金管楽器の一覧

アルトホルン
アルペンホルン
オフィクレイド
コルネット
ソプラノコルネット
スーザフォン
セルパン
チューバ
テナーホルン
トランペット
ナチュラルトランペット
バストランペット
ピッコロトランペット
トロンボーン
バストロンボーン
バルブトロンボーン
バリトン (ユーフォニアムに似た固有の楽器)
ホルン
ウィンナホルン
フレンチホルン
ワグナーチューバ
フリューゲルホルン
法螺 (ほら、ほら貝)
メロフォン
ユーフォニアム

 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


アイリグ 評価

失敗しない転職 ナースではたらこ
引越し費用が安くなる
橋本清 ? エースの方程式


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。